映画や海外ドラマを中心に投稿していきます

sorry-movies

Amazon ドラマ

McMafia – マクマフィア 〜エピソード8〜 最新話感想 シーズン2への整理

更新日:

McMafia – マクマフィア シーズン1

みなさんは、もうエピソード8まで観ましたか?
終わり方を観るとこれで、シーズン1の幕を下ろしたようですよね。

個人的には、次回のシーズン2?も続編として公開して欲しいのですが、ネット上にはそのような情報は見つけられませんでした、、、
(2018/06/22現在、シーズン2の製作が決定しています。)

 

 

ということで、一度ここでこれまでの整理をして、次回シーズン2の公開を待つことにしましょう。

登場人物の紹介は、以前の記事をご覧ください。

McMafia マクマフィア 人物相関 〜これまでの整理と登場人物〜

基本的には、ストーリー後半に新たな重要人物の登場はありませんでした。

 

 

これまでのエピソード別の簡単なまとめを一言で表してみる

エピソード1:ロシア人マフィアの亡命者であるアレックス・ゴッドマンは、見知らぬ組織に叔父のボリス・ゴッドマンを暗殺され、自身を取り巻く国際犯罪の世界に引きずり込まれていく。

エピソード2:ゴッドマン一家を狙う組織であるバディムに立ち向かうため、プラハにいるクレイマンのところへ。バディムの取引を妨害する計画を企てる。

エピソード3:アレックスの友人であると名乗る人物(アントニオ)がアレックスの妻レベッカに接触。アレックスは彼を警戒しつつもビジネスの話の相談にのる。

エピソード4:アレックスとクレイマンは、インドの友人の協力を得てバディムを攻撃する方法を思いつく。

エピソード5:バディムの反撃開始。築き上げた財を崩されかねない訴え(性的暴行の疑い)を起こされ、権力が弱まるクレイマン。

エピソード6:バディムがゴッドマン一家を追い詰め始める。別居をしていた妻のレベッカがバディムの手下に襲撃され、レベッカは一命を取り留めるが、お腹の中の子が死に、アレックスを強く責める。

エピソード7:ロシア政府からの圧力でバディムはアレックスと和解することにする。しかし、父ディミトリ・ゴッドマンは殺し屋に、バディムとバディムの娘の殺しを依頼する。

エピソード8:娘を殺されたバディムが待ち受けるモスクワに、何も知らないアレックスが入国。アレックスはバディムを返り討ちすることに成功。バディムの頭に引き金を弾く。

 

 

エピソード8(最終話)の最後には、アレックスがアントニオとビジネスの取引を半ば強引に締結させるシーンがありました。 当初は、自身の経営する投資ファンド事業をクリーンな手法でしか展開してこなかったアレックスでしたが、冷酷で汚い闇社会の世界に揉まれていく中で、アレックスのビジネスに対する考え方が変えられてきたシーズン1でした。

 

まだ伏線を回収していない部分がマクマフィアにはあります

  • 取引内容や、アレックスの態度に不満を露わにしたアントニオは?
  • ロシアから亡命せざるを得なかったゴッドマン一家の謎は?
  • バディムは本当に死んだのか?決着はついたのか?

これらの伏線回収はシーズン2やもしくは更にその先で解き明かしていくのでしょうか
来シーズンに期待してます。

 

また、展開があれば記事をあげるので、チェックしてもらえると嬉しいです。

-Amazon, ドラマ

Copyright© sorry-movies , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.