映画や海外ドラマを中心に投稿していきます

sorry-movies

映画

浮気サスペンス映画!【パーフェクトルーム】THE LOFT あらすじ/解説/考察

更新日:

パーフェクト・ルーム THE LOFT (2014)

ネット上の評価は、すこぶる悪いですが私的には面白かったです。確かに最後のオチの部分に納得がいかないといった意見もわかるのですが、私的には、あの終わり方もアリではないかと思いますね。。

”俺らの浮気が妻たちにバレたんだ!!”

”いや、俺らが気づいたんだよ”    作中のセリフ引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルギーの映画を、豪華キャストでリメイクした今作。 プリズンブレイクのマイケル役で一躍注目を集めた

ウェントワース・ミラー や、カール・アーバン、ジェームズ・マーデン等豪が出演しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜物語のあらすじ〜〜

5人の既婚者男性が共同でマンションの一部屋を契約する。 その部屋を、誰にも秘密の浮気部屋にするために、、、

そうして5人で”使用”している部屋に、ある日女性の裸遺体が見つかる。 この部屋(ロフト)の鍵を所持しているのは、5人だけ。

誰が、何の目的で誰を殺したのか。

謎に包まれた多くの罠。スパイラルに続く犯人探しが始まっていく。

衝撃のラスト。

 

ストーリーの真相が何度ひっくり返されたことか分からなくなるくらいに、多くの結末パターンが用意されているように思えました。 途中で、「あっ ここでエンディングになるのかな・・?」と思いましたが、さらにもう一度ひっくり返されて。その結末には疑問を感じる方もいるみたいですが、、、

不倫に不倫に不倫。。。

 

時系列で展開の序盤を紹介します。 ネタバレなしです

既婚者である5人の男性の友人たちに、ある日そのうちの一人が”秘密の部屋”をみんなに提供します

 

 

 

 

この部屋で妻に内緒で情事をするために、5人共同出資で部屋を借りることを提案し、それを受ける他の4人

 

ある日、ルークが部屋に1人で来ると、ベッドの上には殺害された1人の裸の女性が。

急いで他の4人に連絡を取り、部屋に集めるルーク。

 

 

 

 

全員が女性死体に驚き、事件への関与を完全に否定する5人。

しかし、この中の誰かが犯人。

全員のアリバイを調べ、女性の身元を確認するとある知人であった。。。

 

その女性は、以前ルークやビンセント、マーティーで遊んだ浮気相手の女性だった。

 

 

 

 

 

ますます、疑いはある人物に寄せられていくが、否定する本人。

5人はこの事件によって、妻に浮気がバレることを恐れ、警察に通報することをやめ、自力で解決しようと試みます。

 

 

 

 

 

しかし、あまりに謎が多すぎるパーフェクト・ルーム。 ベッドの上に血で書かれた謎のラテン語や手錠をかけられた女性。 突如訪ねてくる不動産業者。

 

 

 

 

 

 

ラストに向けて多くの種明かしがされていき、引き込まれるように鑑賞しました。

そっか、だからルークは1人だったのかぁ。

お金持ちのイケメン男性たちが、狂わしいほどに浮気を重ねて、ドツボにはまっていく様をリアルに描いている作品です。

興味を持ってもらえたなら、観てみるべき作品の一つです。

-映画

Copyright© sorry-movies , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.