映画や海外ドラマを中心に投稿していきます

sorry-movies

お酒 映画

映画を観ながら飲むお酒のススメ【メーカーズマーク】おすすめの飲み方

更新日:

休日に家で一人で映画鑑賞。お酒を用意して、、

 

電気を暗くしてヘッドホンをして気ままに2時間を過ごしたり、見かけの海外ドラマを再生したり、、

せっかくの有意義な時間にプラスαをするなら、私はお酒をおすすめします。人によっては、スナック菓子やアロマや間接照明、マッサージ器などで雰囲気を盛り上げる方も多いでしょう。

お酒に凝るとお金がかかってしまい、出費がかさむことも多い中で、今回紹介したいウイスキーの「メーカーズマーク」は、非常にコスパに優れたとてもオススメのお酒です。

 

 

 

 

 

ビールや酎ハイではなくウイスキー

 

最近の日本でのウイスキーの売り上げは、ビールや酎ハイに比べて勢いが衰えてきてます。私も普段の外食でウイスキーを注文することはほとんどありませんが、自宅で映画観賞をする際に飲むのはウイスキーと決めてます。

なぜか?  一つは、アルコール度数です。

アルコールの度数が高いウイスキーは、少量でも酔えます。映画のように、長時間、席から立ち上がりたくないときは、あまり多くの飲み物を飲むのは懸命じゃないですよね。飲み物を飲みすぎると、せっかくいい所なのに、途中で手洗いに行きたくなり、せっかく映画に没入していても、一度現実に引っ張りだされます。

ちびちび飲むウイスキーなら、それを解決してくれます。

多くのビールや酎ハイのアルコール度数は、約5%程度なのに対し、ウイスキーは40%以上のものばかりです。今回、私が特におすすめしたい「メーカーズマーク」は45%のアルコール度数です。

これだけアルコール度数が高いと、ロックグラスに注いだ少量のウイスキーでも、ほろ酔い気分で映画に没入できます。

 

ウイスキーの飲み方(入門)

飲み方なんて小見出し書きましたが、正直、人それぞれでいいんです。結局は自分が一番美味しい飲み方で飲むのが一番ハッピーです。

でも、あえて紹介したいのは、やっぱり「オンザ ロック」です。おすすめは、メーカーズマークですが、みなさんもきっとお気に入りのお酒を嗜むことでしょう。そのお酒の味を生かしながら楽しむのには、ロックかストレートが一番だと思います。

それに、ハイボールや水割り(加水)にして飲むと結局、薄めてしまうので、飲む量が多くなりがちで、、。本末転倒です。

といっておきながらも、メーカーズマークで作るオレンジハイボールも絶品ですけど。。。

 

ロックで飲むときは、氷を目一杯グラスに入れてください。映画を観ながらゆっくり、ちびちび飲んでると、次第にグラスの氷が溶けて、ウヰスキーが薄まっていき、それはそれで楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

多くのウイスキーは、ほんの少し水を加えると香りがたち、味わい深い飲み方が出来ると言われています。ロックで溶けた氷によって薄まるウイスキーも、近いニュアンスの効果があると、私は勝手に解釈しています。

段々と変化していくウイスキーの味も映画と並行して楽しんでみてください。

 

ウイスキーと一緒に嗜むつまみのおすすめ

基本的には、おつまみがなくてもいい映画は十分つまみになります。

 

でも、私のおすすめのおつまみといえば

燻製チーズのような、香りが強いものや、ピーナッツチョコのような甘いものです。

他には、意外にもポテトサラダが合うのは最近発見しました。

 

メーカーズマークの紹介

メーカーズマークは、だいたい2000円〜2500円で販売されていることが多いです。

基本的には、供給が安定しているので価格が大きく前後することはありませんので、2000円程度で販売されていれば購入してみて欲しいです。

メーカーズマーク

 

 

 

 

味としては、少しほんのり甘く、アルコール臭くなくて飲みやすいです。

ハイボールにしてもストレートでも飲みやすく、1本あればなんでも対応できるウイスキーです。

簡単な紹介になりましたが、みなさんの好きなお酒で楽しむのが一番ですが、まだお気に入りが見つかってないなら、ぜひ、メーカーズマーク。おすすめです。

 

-お酒, 映画

Copyright© sorry-movies , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.