【Amazonプライムビデオ】映画や海外ドラマをジャンル別にオススメ紹介!!

sorry-movies

【とりあえず】気を入れずに笑いながら観てたい軽めの作品 【サスペンス系】じっくりのめり込んで名作を感じたい時にオススメな作品

帰ってきたヒトラー【Amazonプライム・ビデオ】史上最悪の独裁者アドルフ・ヒトラーが現代にタイムスリップ

更新日:

【帰ってきたヒトラー】1945年に死んだはずのヒトラーが2014年の現代に蘇る!再び民衆の指導者へ!?

Amazonプライム・ビデオ評価 4.5 115分 2015年公開

政治的な内容すらも上手にコミカルに観やすく演出

現代の政治状況を的確に捉え、時にコミカルに、そして時にシリアスに描き出すクオリティの高い作品です。
この映画を魅力的にしているのは、荒唐無稽な設定を一つの物語に仕立て上げた演出力です。
ヒトラーが現代に蘇り、時代の変化に戸惑いつつもコメディ俳優としてテレビの人気者となり、やがては大衆の心を掌握していく。
ストーリーの展開を述べればこのようにまとめられますが、こうした設定が不自然には思えず、「リアル」なものと感じてしまうのは、この映画がフィクションの形式をとりつつもドキュメンタリーの手法を取り入れ、現実と非現実のあいだの境界を幾度となく曖昧にしているからです。

当時のヒトラーを再現しつつ、物語と現実を曖昧に表現

この映画には演技をしていない一般の人びとがたくさん登場します。
沿道でヒトラーに手をふる一般人(このなかには撮影後の編集でモザイクをかけられる人とそうでない人がいますが、これもどこまでが演出なのかはわかりません)や現実の世界で政治家として活動する人も登場します。

ヒトラーは彼らの前でアドリブで演説を行い、政治談議をすることになるわけですが、その場面をみる観客はこの場面は物語なのか現実なのか判断のつかない状況におかれます。
つまり、ここに登場するヒトラーは映画のなかの登場人物である一方で、そこにいる政治家たちは実在する人たちなのです。

こうした、現実と物語のあいだを曖昧にする演出によって、物語は予想不可能なものとなり、次に何が起こるのかわからない期待と少しの怖さが観客を引き付けます。

教科書では語られなかったヒトラーへの国民の支持

予想不可能な展開をたどると言えば、この映画に登場する人びとによって語られるヒトラーへの評価です。

社会派ドキュメンタリーなどでは、ヒトラーは未だに悪の化身で、肯定的な評価が与えられることなどまずないでしょう。
しかし、この映画に登場する一般人の声を聞くと、ヒトラーに笑いかけ、肯定的なことを語るひとも少なくありません。
もちろん、この男を毛嫌いする人も大勢います。

そうした賛否両論あることが政治の本当の姿であり、この映画はそのことを思い起こさせてくれます。

コメディ要素を要所に落とし込み視聴者を退屈させない本作

演出力のすごさが光る本作ですが、コメディタッチを基本としたこの映画には笑えるところも多々あります。
ヒトラーがネオナチに襲われる場面なんかは政治ジョークとして秀逸です。
日本にはこのように深い政治の話題にまで踏み込み、それをコメディとして描く映画はほとんどありません。
それを思えば「帰ってきたヒトラー」は様々な方向から野心的な試みを行った良作だと思います。

帰ってきたヒトラー(プライム会員は無料)

-【とりあえず】気を入れずに笑いながら観てたい軽めの作品, 【サスペンス系】じっくりのめり込んで名作を感じたい時にオススメな作品

Copyright© sorry-movies , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.