【Amazonプライムビデオ】映画や海外ドラマをジャンル別にオススメ紹介!!

sorry-movies

【アクション系】派手なバトルシーン好きなあなたにオススメな作品

ワイルド・スピード【Amazonプライム・ビデオ】カーアクション人気シリーズの一作目!

投稿日:

CG無しの純度100%カーアクション

プライム・ビデオ評価 [3.9] 106分 2001年公開

故ブライアンが残した衝撃のデビュー作

現在も新作公開を控えている長寿カーアクションシリーズの記念すべき第一作目が「ワイルド・スピード」です。
長寿シリーズの一作目だからといって今観てもカーアクション、人間ドラマ共に古さが感じられないのはもちろん、
シリーズを通して語られる立場の違う人物同士の間に一瞬だけ交錯する共感と友情の瞬間……
それがこの初代「ワイルド・スピード」では最も鮮烈かつエモーショナルに描かれているのです。
舞台は改造車による非公式レースが毎夜繰り広げられているロサンゼルス。
ポール・ウォーカー演じる主人公ブライアン・オコナーにはある秘密があるのですが、
その秘密がもたらす葛藤や苦しみが彼の中にあるスピードへの執着を際立たせます。

カーアクションの中にも秘める人間ドラマ

方やライバルであるドミニクのカリスマ性とそれに相反する人間臭さも好きにならずにはいられない。
この映画はただ頭をからっぽにして派手で疾走感あふれるカーアクションを楽しむだけではなく、
主人公ブライアンとライバルドミニク、二人の間にほとばしる決してベタベタするだけではない真の友情こそを見てほしいのです。
二人だけではなくドミニクの妹ミアとの恋も絡み、人間ドラマも充実しているのが本作の満足度を高めているポイントだと思います。
秘密を抱えるブライアン、ライバルのカリスマ・ドミニク、その妹のミア……
この魅力あるキャラクターたちの繰り広げる友情と恋とド派手なカーアクションが合体しクライマックスまでノンストップとなれば、
もう傑作というほかないでしょう!
公開は2001年と聞くと古い映画だしカーアクションのVFX技術も今より劣っているのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そもそもワイルド・スピードシリーズはCGなどに頼りすぎない演出でカーアクションの臨場感を表現しているので
いわゆるCGのやすっぽさとは第一作目の時点で無縁なのです。
出てくる車に日本車が多いのも日本人には嬉しいポイント。
出てくるカスタムカーの派手さを見るだけでもワクワク感が高まります。

ポール・ウォーカーはここで会える

そして、ご存知の方も多いと思われますが主人公ブライアン・オコナーを演じるポール・ウォーカーは残念なことに2013年に自動車事故によりお亡くなりになられています。
当時もワイルド・スピードシリーズ第7作の撮影中でした。
そんな早世のハリウッドスター、ポール・ウォーカーの大出世作でもあることももちろん外せないポイントです。
ポール・ウォーカーが一気にハリウッドのスターダムに躍り出たのはこの第一作目の「ワイルド・スピード」があったからこそと言われています。
映画の中ではスターは永遠に輝き続けます。
「ワイルド・スピード」を再生し始めれば、すぐにあの頃のまだ若く輝いていたポール・ウォーカーにいつでも会える。
そう考えると映画というメディアそのものの素晴らしさにも胸が熱くなってしまいますね。

ワイルド・スピード(プライム会員無料)

-【アクション系】派手なバトルシーン好きなあなたにオススメな作品

Copyright© sorry-movies , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.